和歌山 酒造 通宝酒造
通宝酒造(つうほうしゅぞう)


地酒 海南

通宝酒造について



日本酒の製造・販売を行っております和歌山県海南市の通宝酒造株式会社です。
和歌山の地酒、紀州の地酒といえば、通宝酒造と言って頂ける様、おいしく、飲みやすく、飽きのこない日本酒造りに励んでおります。
3年〜7年の間、熟成された古酒の味を是非、ご賞味頂けますと幸いです。
通宝酒造は大正三年創業の造り酒屋です。
豊かな自然に恵まれたこの和歌山の地で但馬杜氏(たじまとうじ)の意思と伝統の味を代々引き継ぎ現在に至ります。

酒造りにとって水は大変重要です。水が酒の口当たりや味を決定づけると言っても過言ではない程です。
通宝酒造の酒を作る工程で使用する洗米水や仕込水は長峰山脈を源流とする清流貴志川の伏流水を蔵井戸から汲み上げています。
通宝酒造では洗米の際、大量の水で丁寧に移送しながら米を洗う特殊洗米機を用い浸漬時間までをも細かく管理しています。
蒸米装置は自社開発した貴志川町のアクシス社製の熱効率の高い回転甑を使用しています。

昔ながらの伝統の技法を生かしながら、製造設備を改良することで常に品質の向上に努めております。

そうして出来上がった製成清酒は専用の冷蔵庫で貯蔵し低温熟成します。
こうすることで濃純でふくらみの持った味わい深い酒質に仕上がります。

”巡り会えた”という感動をお伝えできるような酒造りに日々励んでおります。
そして、お試し頂きました際、その期待を裏切らない味わいに自信を持っております。
是非、紀州 和歌山の地酒 古酒の味を、一度ご賞味ください。


つうほうしゅぞう



通宝酒造は和歌山県海南市の酒造です